ニュース

細川護熙元首相が都知事選出馬を表明 小泉純一郎氏が支援

2014年01月14日 01時41分 JST | 更新 2014年01月14日 16時45分 JST
時事通信社

細川護熙(もりひろ)元首相が1月14日、都知事選に出馬することを表明した。同じく元首相の小泉純一郎氏と同日、都内のホテルで会談したあとで記者団に話した。細川氏は都知事選で掲げる「脱原発」などの公約を説明し、小泉氏は支持する考えを示したという。時事ドットコムは次のように報じている。

細川氏は、「脱原発」を重要争点に据えて出馬する考えを伝え、同じく脱原発を唱えている小泉氏に支援を要請。小泉氏は応じる考えを示した。小泉氏は会談後、記者団に「細川さんのために私も積極的に頑張る」と述べた。

(時事ドットコム「細川氏が出馬表明=小泉氏は支援-都知事選」2014/01/14 13:15)

都知事選は1月23日告示、2月9日に投開票される。今のところ、自民党が支援する舛添要一元厚生労働相、共産・社民両党が推薦する日弁連前会長の宇都宮健児氏、元航空幕僚長の田母神俊雄氏らが出馬する意向を示している。

ニコニコ生放送の収録動画によると、二人が記者団に話した主な内容は以下の通り。

細川護熙元首相

「(小泉氏とは昨年の)10月21日にお目にかかったんですが、それから久しぶりに今日お目にかかって、今度の都知事選の問題もそうですが、国の抱えている全般に関して忌憚のない話をしました。示唆に富んだお話をいただいて、私も今度の都知事選に立候補するという決断を致しました。

ついては、是非、小泉元総理の強力なご支援をお願いしたいと申し上げて『よし、自分もやるから』という話を頂いたので本当に心強く思ってます。(決断した最大の理由は)今の日本の様々な問題、特に原発の問題について国の存亡に関わる問題だと思っているからです」

小泉純一郎元首相

「昨年10月にお会いしまして、『この国の形をどうするか?』と、特に原発の問題で共感できるところがたくさんあったものですから、今回、細川さんが都知事選挙に立候補する決意を固めたという話を伺いまして、心から敬意を表したい。そして私も喜んで積極的に、細川さん当選のために頑張るということをお伝えしました。

(具体的には)演説会やさまざまな会合があると思いますから、そういう場に私も出て良ければ出て、細川支持を訴えます。『原発は都政とは関係ない』という人もいますけど、私が一番重視しているのは『原発どうするか?』です。

私が細川氏を支持する最大の理由は『原発がなくても日本は発展できる』というところです。東京が原発なしでもやっていけるという姿を見せれば、必ず国を変えることができる。国政にも十分に影響を与えるだろうと。だから、細川さんが当選できるように頑張ります」

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

日本の歴代内閣総理大臣
歴代内閣総理大臣夫人