ニュース

「ロックは死んだ」? Google、ビッグデータで流行を分析

2014年01月21日 02時52分 JST | 更新 2014年01月21日 02時53分 JST

Googleの調査・研究部門「Google Research」が、「あのとき流行った音楽」に関するインフォグラフィック「Music Timeline」を公開している。

これは、Googleの音楽サービス「Google Play Music」にユーザーが登録した音楽を分析したもの。アルバムがリリースされた年とユーザーがそのアルバムを持っている数を視覚的に表現している。

google music timeline

これによれば、1950年代から60年代はジャズが圧倒的。その後急激にロックとポップが台頭するも、70年代半ばから、オルタナティブ/インディーズが、80年代はヒップホップ/ラップが台頭し、相対的にロックが少なくなっていることがわかる。

ジャンル名をクリックすると、代表的なアルバムが表示し試聴ができる(※日本からは視聴はできない)ほか、さらにそのジャンルの中のどのミュージシャンがよく聴かれているかがわかるなど、インタラクティブな要素も含まれている。

【ロック関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

「ビートルズのレアな写真集」