ニュース

アカデミー賞作品賞「それでも夜は明ける」 黒人監督が初受賞

2014年03月04日 01時47分 JST | 更新 2014年03月05日 02時04分 JST
Getty

アメリカ映画界最大の祭典、第86回のアメリカ・アカデミー賞の発表・授賞式が3月2日(日本時間3日)、ハリウッドで行われた。作品賞は、スティーブ・マックイーン監督の「それでも夜は明ける」が受賞。黒人監督の作品がアカデミー作品賞に選ばれたのは初めてだという。

「それでも夜は明ける」は、奴隷制度が廃止される前のアメリカで、南部の農園に売られた実在の北部の自由黒人を描いた作品。アカデミー賞は、ルピダ・ニョンゴが助演女優賞、ジョン・リドリーが脚色賞を受賞した。

黒人監督による作品が作品賞にノミネートされたのは、2009年第82回アカデミー賞のリー・ダニエルズ監督『プレシャス』以来、史上2度目だという。

日本では、3月7日から全国で公開される。

アカデミー賞作品賞「それでも夜は明ける」画像集


Oscars Red Carpet 2014

【アカデミー賞の関連記事】