ニュース

アカデミー賞作品賞「それでも夜は明ける」 主人公の名前をニューヨーク・タイムズが161年経って訂正

2014年03月06日 01時34分 JST | 更新 2014年03月06日 01時38分 JST
2013 Bass Films

2014年のアカデミー賞 作品賞を受賞した、スティーブ・マックイーン監督の「それでも夜は明ける」。幸せに暮らしていた男性がある日突然、誘拐されて奴隷として売られるという、1841年に起こった実際の出来事を映画化した作品だ。

この実話は、ニューヨーク・タイムズが1853年に報じたが、人名を間違えており、最初の報道から161年経った3月3日、訂正記事を出した。

同紙は授賞式翌日の3日にツイッターで、この作品の主人公のモデルとなったソロモン・ノーサップ(Northup)氏をめぐり、1853年1月20日付で報じた記事を紹介した。だが、記事の本文で姓がノースロップ(Northrop)氏とつづられ、見出しはノースラップ(Northrup)氏となっていた。ツイッターの利用者から指摘があり、つづりの間違いに気づいたという。



(朝日新聞デジタル「NYタイムズ、161年前の記事訂正 アカデミー賞作品」より 2014/03/06 06:55)

当時の記事は、ニューヨーク・タイムズのデータベースで閲覧できる

Oscars Photos 2014

Oscars After-Parties 2014

【アカデミー賞関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています