ニュース

【3.11】石巻・大川小の遺族らが県と市提訴 「津波避難で安全配慮義務を怠った」

2014年03月10日 20時40分 JST | 更新 2014年03月10日 22時23分 JST
加藤順子

東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族が3月10日、「学校は津波を予見できたのに、子どもたちを安全な場所に避難させなかった」などとして、石巻市と宮城県に対して1人当たり1億円、計23億円の損害賠償を求めて仙台地裁に提訴した。時事ドットコムなどが報じた。

訴状によると、2011年3月11日の大地震後、児童は教員らの指示で校庭に避難。児童の一部が「裏山に逃げよう」と訴えたが、学校側は裏手の山などへ避難させることもなく、約45分間校庭に待機させた。遺族側は、大津波が来ることが予見できたのに、教員らが様子を見に行くなどの情報収集をせず、安全配慮義務を怠ったと主張している。

提訴後、当時3年の長男健太君を亡くした佐藤美広さん(52)は「なぜ安全な学校で、先生がついていながら命を落とす必要があったのか。3年たったが、心は息子の遺体が見つかった時で止まっている」と声を震わせた。

(時事ドットコム「津波犠牲の大川小遺族提訴=石巻市と県に23億円賠償請求-仙台地裁」より 2014/03/10 18:36)

47NEWSは次の通り伝えている。

学校管理下でほかに例を見ない大きな犠牲を出した問題は、震災から3年を経て、司法の場で検証されることとなった。

提訴後、父親8人が記者会見を開き、3年生だった長女未捺ちゃん=当時(9)=を亡くした只野英昭さん(42)は「学校管理下で起きた真実を明らかにしてほしい」と語った。

( 47NEWS「津波で死亡、大川小遺族が提訴 石巻市と県に23億円請求」より 2014/03/10 14:37)

【関連記事】

関連記事

写真家・ジャーナリスト加藤順子氏が追った大川小学校