NEWS

オバマ大統領が来日、TPPで政治決断あるか? 高級寿司店で会食、流鏑馬の見学も

2014年04月23日 19時11分 JST | 更新 2014年04月23日 23時54分 JST
AFP時事

オバマ大統領が4月23日18時50分ごろ、大統領専用機「エアフォース・ワン」に乗って羽田空港に到着した。2009年、2010年に続いて3回目で、今回は初の「国賓」としての待遇を受ける。アメリカの大統領が国賓として日本を訪問するのは1996年のクリントン大統領以来、18年ぶりとなる。

2泊3日の日程の中で、日米最大の懸案事項である環太平洋経済連携協定(TPP)について安倍首相と話し合う見込みだ。24日の日米首脳会談では、トップ同士の政治決断もあり得る。オバマ氏の来日スケジュールをまとめてみた。

【関連記事】

■銀座の高級寿司店で「おもてなし」(23日夜)

yabusame koizumi

オバマ大統領と安倍首相の会食場所と報道されている銀座の「すきやばし次郎」の前に立つ店主の小野二郎さん(EPA=時事)

オバマ氏は到着後まもなく、東京の銀座にある高級寿司店で安倍首相と会食する。国賓が迎賓館以外で食事するのは異例だと日刊スポーツが報じている。

オバマ氏は到着後、ミシュランガイド東京版で最高の3つ星を獲得した東京・銀座の高級すし店で、安倍晋三首相主催の非公式夕食会に臨む。少人数の率直な意見交換という。02年2月、ブッシュ大統領夫妻が来日した際、当時の小泉純一郎首相が東京・西麻布で「居酒屋会談」を開いた例はあるが、国賓が迎賓館以外で食事を取るのは珍しい。安倍首相による「お・も・て・な・し」の演出だという。

(日刊スポーツ「すしは食べるけど オバマ氏日程二転三転」2014/04/23 10:01)

朝鮮日報では、この寿司店を「すきやばし次郎」と報じている。ドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」がアメリカで上映されており、国際的な知名度が高い店だ。夜のメニューは1人前3万円からとなっている。

安倍晋三首相はオバマ大統領を88歳の現役職人がすしを握る店で「おもてなし」することに決めた。20代前半から東京の料亭で板前見習を始め、60年以上にわたり料理一筋の小野二郎さんが東京・銀座で切り盛りしている10席ほどの小さな店だ。店の名前は「すきやばし次郎」という。

現役すし職人の小野さんは、自ら握ったすしをオバマ大統領に出す予定だ。オバマ大統領は訪日期間中ファーストレディーの役割をするキャロライン・ケネディ駐日米国大使や安倍首相と共に狭いカウンターに並んで座ってすしを食べることになる。

(朝鮮日報「安倍首相、高級すし店で米大統領をおもてなし」2014/04/23 08:56)

この夕食会には、日本の政界・官界関係者ら約10人が参加。トップ同士で、ひざを並べて食事することで信頼関係を築くことをねらっているようだ。

■迎賓館を使わず都内のホテルに宿泊(23、24日)

国賓は通例、迎賓館(東京・元赤坂)に泊まるが、オバマ氏は東京都内のホテルに泊まる。また今回はミシェル夫人や2人の娘も同伴しないなど異例の対応となっている。国賓招待された外国首脳恒例の国会演説も見送る方針だ。47NEWSでは日米の温度差を次のように分析している。

親密さを演出する狙いから日本側が国賓として招く形式にこだわったのに対し、オバマ氏が「ビジネスライク」と称される自らの流儀を通したことが背景にある。双方の温度差があらためて印象付けられた。

(47NEWS「異例ずくめオバマ氏国賓  演説見送り、夫人伴わず」2014/04/21 10:14)

■首脳会談ではTPP交渉の政治決断があるか?(24日)

到着から一夜明けた24日午前、皇居での歓迎行事に出席。天皇皇后両陛下に面会する。その後、日米首脳会談を受けて午後に安倍首相との共同記者会見を開く予定だ。47NEWSが報じている。

24日午前に宮中での歓迎行事に出席し、天皇、皇后両陛下と会見。日米首脳会談後の午後に首相との共同記者会見に臨む。東京都内の日本科学未来館や明治神宮を訪れ、日本の科学技術や文化に触れる。夜は宮中で開かれる晩さん会に出席し、25日午前に韓国に向けて出発する。

(47NEWS「24日の首脳会談を正式発表 オバマ氏来日日程」2014/04/22 20:35)

首脳会談では、TPP交渉が大きな議題となる。日米両国は牛・豚肉や乳製品など重要5項目の扱いについて、大筋合意を目指しているが、今のところ合意のめどは立っていない。47NEWSは、日本が牛肉の関税を現在の38.5%から10%台半ばに引き下げる譲歩案を検討していることが20日に分かったと報道している。アメリカ側は10%以下への引き下げを求めており、日本の譲歩案でまとまるかは予断を許さない状況となっている。

ロイターはアメリカの政府高官が「日米首脳会談ではTPPをめぐる合意発表はない」との見通しを4月18日に示したと報じている

4月23日の国会質問で安倍首相は民主党の議員に「なかなかお互いに譲れない一線も見えてきている。お互い双方がということではあるが、我々は交渉する立場において、米側にもぜひ高い見地に立ってもらいたい」として、「主要5項目は守るとした農水委員会の決議を踏まえて交渉する」と述べた。テレ朝newsでは、首脳同士の政治決断で妥協点を見いだす可能性があると報じている。

ただ、安倍総理自身はTPPを「国家百年の大計」と評するほど参加に前向きです。首脳会談では「早期妥結に向けて協力する」ことを確認する見通しですが、首脳同士の政治決断で更なる妥協点を共同声明に盛り込みたい考えです。

(テレ朝news「総理、TPP妥結に強い意欲 米側にも譲歩求める」2014/4/23 11:50)

■流鏑馬の見学、安倍首相は同行しない見通し(24日)

yabusame koizumi

ローラ夫人(前列左から3人目)とともに「流鏑馬」を楽しむジョージ・ブッシュ米大統領(同2人目)。同左端は小泉純一郎首相(東京・渋谷区の明治神宮)[代表撮影](時事通信社)

首脳会談後にオバマ首相は明治神宮で流鏑馬(やぶさめ)を見学する予定だ。流鏑馬は、疾走する馬の上から矢を放つ日本の伝統行事。2002年にブッシュ大統領(当時)が来日して見学した際には、小泉純一郎首相(当時)が同校して親密さをアピールしたが、安倍首相は同行しない可能性が高いという。

24日のオバマ大統領の明治神宮での流鏑馬(やぶさめ)見学に、安倍首相は同行しない可能性が高く、ブッシュ前大統領と一緒に鑑賞した小泉元首相とは違って、ドライな関係も浮き彫りになるとみられる。

(FNNニュース「オバマ大統領来日 安倍首相、ぎくしゃくした関係払拭したい考え」2014/4/23 11:56)

オバマ大統領と安倍首相はドライな関係のままで終わるのか、それとも高級寿司店で親交を深めて大きな展開があるのか。その行方に注目したい。

オバマの握手で巡る世界の首脳写真集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています