ライフスタイル

シェフという人生が素晴らしい18の理由

2014年04月30日 17時10分 JST
Flicker: Adam Lerner

今のシェフはたった10年前とくらべても全然違う。シェフはかつてオーブンに隠れた見えない働き手であった。華麗な料理を次から次へ量産するだけで、レストランの客は誰が作っているかという認識はほとんどなかった。今の客はシェフの名前にひかれてレストランに行くのである。ロックスターのように崇められ、有名シェフさえ誕生している。

昔から変わらないことといえばシェフの生活と、そしてそれがいかに大変かである。シェフは他の人が休みの時に働く。灼熱のキッチンで、休憩もできない立ち仕事。集中力とスピード、それに常に完璧が求められる。切り傷や火傷はいつでも起こり得る。それでもなお、その仕事を選択した彼らは素晴らしい食事のために過酷な長時間労働に身を投じる勇気があればと願っている人々の尊敬の的である。

なぜそんなことが起こり得るのか不思議に思うのなら教えてあげよう。シェフの人生はシェフ以外の人生よりも素晴らしいからだ。たとえさまざまな困難に直面していても。いろいろな点で。

  • シェフには親友がいる
    Flickr: Liandro Siringoringo
    食品業界で働くなら、食品業界に友達を作ることだ。彼らは時々あなたのためにとびきりのサプライズパーティーを開くような最高な人々だ。
  • 彼らは食べたいものは何でも食べたい時に食べる
    Flickr: Jiewa Vieri
    エッグ・ベネディクトが食べたいなら自分でエッグ・ベネディクトを作れるのだ。骨が簡単に外れるほど柔らかいバーベキューリブの気分なら、これも自分で作る。これはキッチンをよく知る者の大きな特権である。
  • 食べられる芸術は彼らの手によって生まれる
    Flickr: Michael T.
    この皿を見さえすればいい。
  • 食を中心に回るシェフの生活 そしてそれに関するすべて
    photographer and designer via Getty Images
    我々は食または食事について一日24時間の行動として考える。シェフはそんな強迫観念を認め、身を投じるほど勇敢なものである。そうやって身を立てている。
  • シェフはタフだ
    Flickr: Adam Lerner
    12時間から16時間立ちっぱなしで仕事する。シェフは誰でもやれるものではなく、それができる者だけが「超すげー奴」としてのバッジを誇らしげにつけられる。
  • シェフの仕事は毎日おいしいものを作る努力をすること
    Flickr: Chiara Lorè
    一流。最高。
  • タトゥーは問題じゃない
    Flickr: Marcia Gagliardi
    汚い言葉づかいも。
  • シェフが使うのは最高のおもちゃ
    fStop Images - Vladimir Godnik via Getty Images
    ナイフだけじゃない。ハイパワーミキサー、フード・プロセッサー、真空調理器だってある。
  • バリバリ働くが、パーティーはそれ以上
    Brand New Images via Getty Images
    シェフがみんなパーティー好きなわけじゃないが、好きなのがいる。彼らは遅くまで働く仕事柄、遅くまで遊びがちだ。楽しいことのすべては深夜に起こるものだ(親が語ったことを以外は)。
  • まかない飯
    Food52
    いいレストランの多くは夕食の開店前にスタッフ全員そろって食べる。そんな豪勢なものではないが、味は確かだ。
  • 素材を最大限使うのがシェフ
    Michael Grimm via Getty Images
    トリュフ、ウニ、とにかく何でもだ。
  • それでもやっぱりB級グルメ好き
    Fiickr: Will Chu
    パーク・アベニュー・ウィンターで手に入るグレイグ・コケツシェフのブロッコリーとチートスなんかを時々持ってきたりする。
  • バターは最高
    Riou via Getty Images
    シェフはバターをおそるおそる使わないよう訓練されている。これでもかというほど使うのだ。この特色から学ぶことは多い。
  • シェフは退屈しない
    Eric Raptosh Photography via Getty Images
    一度に100万のことをしなきゃいけないからだ。だから時間はあっという間に過ぎる。
  • シェフは細心の注意を払うべきことを知っている
    John Rensten via Getty Images
    これは日常生活で役に立つ唯一のことである。
  • スーツとネクタイにシェフが気を払う必要はない
    Tara Moore via Getty Images
    仕事ではクロッグスをはき、あとは基本的にパジャマがあれば。
  • 古い道具を何とかして使うことでうまくこなす手腕が育つ
    Flickr: stu_spivack
    彼らはまるで現代の「冒険野郎マクガイバー」だ。
  • シェフは生きるために人々に食を提供する
    John Rensten via Getty Images
    人生において最大の楽しみの一つである。

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Common Cooking Mistakes