NEWS

忌野清志郎さん、26年前録音「幻のテープ」見つかる

2014年05月01日 15時46分 JST
時事通信社

5月2日に5回目の命日を迎えるロックシンガー忌野清志郎さん(享年58)が、26年前に吹き込んだ「幻のテープ」が見つかった。 NHK総合で2日午後10時から放送される特番「ラストデイズ×忌野清志郎」で歌声が流れるという。スポニチが伝えた。

87年の暮れに自宅でギターを弾きながらボブ・ディランの名曲「風に吹かれて」を歌ったもの。自分でカセットテープに録音し、レコード会社のスタッフに「オセーボだぜ!」のメモを添えて贈っていた。翌88年6月に発売中止騒動がボッ発した問題作「COVERS」の原型となったテープで、命日にNHK総合で午後10時から放送される特番「ラストデイズ 忌野清志郎」で初めてその歌声が流れる。

(スポニチ「2日に5回目命日 忌野清志郎さん、26年前録音“幻のテープ”発見」より 2014/05/01 05:35)

番組は、新たに見つかった清志郎さんのノートも紹介する。

【関連記事】

関連記事

ボブ・ディランの画像集