NEWS

錦織圭、初の世界トップ10入り確実【男子テニス】

2014年05月09日 21時55分 JST
Reuters

[マドリード 9日 ロイター] - テニスのマドリード・オープンは9日、当地で男子シングルス準々決勝を行い、第10シードの錦織圭はフェリシアノ・ロペス(スペイン)を6─4、6─4で下し、準決勝に進出した。

錦織は次回の世界ランキングで日本人選手として初めてトップ10入りすることが確実になった。アジア選手が10位以内に入るのは2004年、パラドーン・スリチャパン(タイ)以来となる。

そのほか世界ランク1位で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)は第6シードのトマーシュ・ベルディハ(チェコ)にストレート勝ち。第5シードのダビド・フェレール(スペイン)はエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を下し、準決勝で錦織と対戦することになった。

【関連記事】

関連記事

錦織圭選手 画像集