ライフスタイル

「砂浜いっぱいの3Dトリックアート」がすごい

2014年05月21日 16時01分 JST

「砂浜と木の枝が1本あれば、創造の可能性は限りなく広がる」と胸を張るのは、砂浜を壮大なキャンバスに見立てて砂の芸術を作り出す集団「3DSD」だ。

美術館を飛び出した新しい芸術を生み出したのは、ニュージーランド人のジェイミー・ハーキンス氏、チリ人のコンスタンツァ・ナイチンゲール氏、フランス人のダヴィド・ランデュ氏だ。画家2人と彫刻家1人は、ニュージーランド北島のマウント・マウンガヌイに広がる砂浜で、見る者の目を奪う美しいトリックアートを描いた。いわば、つかのまの屋外アートだ。

最近の作品では、作品の要素として「生きた人間」も取り込み、3Dのアートに遊び心も加わるようになった。

もちろん、潮の満ち引きが作品に影響を与えるのは言うまでもない。波が打ち寄せるたびに、絵は消えていく。

3DSDのサイトでは、「これらのアートは、時間に対する感性を研ぎ澄まし、人生のはかなさの象徴としての役割を果たしている」と述べられている。

以下では、素晴らしい作品をご紹介しよう。すでに消滅した作品たちだが、夏が早く来てほしくなるはずだ。

  • Copyright 2014 3DSDart
  • Copyright 2014 3DSDart
  • Copyright 2014 3DSDart
  • Copyright 2014 3DSDart
  • Copyright 2014 3DSDart
  • Copyright 2014 3DSDart
  • Copyright 2014 3DSDart
  • Copyright 2014 3DSDart
  • Copyright 2014 3DSDart

文末のスライドショーでは、Evewrightの「砂浜を歩いて描く絵」を紹介している。

[Katherine Brooks(English) 日本語版:遠藤康子/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Evewright's "Walking Drawings"