ato

演劇・ダンス・映画・現代アートなど、さまざまな作品動画をバリアフリーと多言語で鑑賞できるオンライン型の劇場「THEATRE for ALL(シアターフォーオール)」。統括ディレクターの金森香さんと、ナビゲーターを務めるろう者のお笑いコンビ「デフW」、デフWプロデューサーの今井ミカさんが、ろう者と聴者の文化の違いと、それを超える文化芸術の可能性について考えます。
PRESENTED BY THEATRE for ALL
「国立シン・美術館」で10月1日〜12月19日まで。
表現に関わる仕事場でのハラスメント被害を調べたアンケート結果が公開に。言動のハラスメントのほか、わいせつ行為や性行為の強要など、深刻な被害状況が浮き彫りとなった。
隈研吾さんと手がける、UR都市機構の「団地の未来プロジェクト」が10年目に突入。「佐藤可士和展」にてトークセッションが開かれました。
PRESENTED BY UR 都市機構
「人間が感動している時って、心に壁がない状態なんだと思います。強すぎるメッセージでも、その瞬間なら丁寧に届けることができる。心の真ん中にストンと置くことができると思うのです」
若くしてホテル経営を始めた実業家、龍崎翔子さんが『ラーヤと龍の王国』を「意欲作」「新時代のディズニー」と語る理由とは。『アナと雪の女王2』以来のディズニー新ヒロイン像と、ディズニーアニメーション最新作のポイントを解説していく。
PRESENTED BY ディズニー
2011年3月11日、NHKのヘリコプターからの中継映像は、海沿いの町をのみこむ津波を克明に捉え続けていた。カメラを握っていたのは、当時、NHK福島放送局の報道カメラマンだった鉾井喬(ほこい・たかし)さん。入社1年目、その日がまだ5回目のフライトだった。 ※この記事には津波の描写があります
自分らしく生きられるアトリエを作るために、クラウドファンディングで支援を募っています。
ビリー・アイリッシュ、リル・ナズ・X、ハリー・スタイルズ、メラニア・トランプ、ノア・サイラスなどが選ばれました。