NEWS

韓国・ソウル近郊のバスターミナルで火災 7人死亡、24人負傷【UPDATE】

2014年05月25日 23時04分 JST | 更新 2014年05月25日 23時52分 JST
twitter

【※】11:47 UPDATE

韓国・ソウル近郊の高陽(コヤン)市にある高陽市外バスターミナル付近から5月26日午前9時5分ごろ出火した。聯合ニュースによると、火は30分ほどで消し止められたが、7人が死亡、24人が負傷した。

バスターミナルには、ホームセンターや映画館などの大型商業施設が入居しており、開店準備の作業員や物品納入業者が有毒ガスを吸ったとみられる。

消防当局は「地下1階の飲食店で溶接作業中に事故が起きた」と発表したという。死者の多くは地下1階のトイレで見つかった。

現地の地下鉄はターミナル付近の駅を通過している。

現地からのTwitterでは、現場写真のほか「煙の臭いが半端でない」「大火事になって消防車が続々来ている」「有毒ガスがひどくて人命に被害が出てないか心配だ」などの投稿が相次いだ。

関連記事

韓国・セウォル号沈没事故(2014/04/16~)