NEWS

宮崎駿監督、アカデミー会員候補に

2014年06月27日 19時37分 JST | 更新 2014年06月27日 19時59分 JST
Ken Ishii via Getty Images
MUSASHINO, JAPAN - SEPTEMBER 06: Director Hayao Miyazaki attends a press conference regarding his retirement from active work at Kichijoji on September 6, 2013 in Musashino, Japan. Hayao Miyazaki, the 72 year-old Japanese director behind animated films including the Oscar-winning Spirited Away, plans to retire after a career spanning five decades. (Photo by Ken Ishii/Getty Images)

アカデミー賞を主催するアメリカ映画科学アカデミーは6月26日、アニメ映画監督の宮崎駿監督や、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーら271人を新規アカデミー会員候補に選んだと発表した。同アカデミーは年に一度、新しい会員の候補を発表しており、正式に会員になるとアカデミー賞を選ぶ投票権を持つ。宮崎監督が受け入れれば、正式に会員になるという。テレ朝newsなどが報じた。

映画芸術科学アカデミーの会員は、映画界の発展に大きな貢献してきた人のなかから選ばれ、現在、6000人以上いるとみられます。(中略)会員名簿は非公開ですが、ロサンゼルス・タイムズ紙によりますと、2012年の時点では会員の約9割が白人、8割近くが男性だということです。
 
(テレ朝news『宮崎駿監督が「アカデミー賞」を選ぶ会員候補に』より 2014/06/27 10:12)

候補に選ばれたことについて、宮崎監督と鈴木プロデューサーが所属するスタジオジブリは、「正式な依頼がまだないので回答できない」とコメントしているという。宮崎監督は2006年にも候補に選ばれていたが、辞退していた。

【関連記事】

Also on HuffPost:

スタジオジブリ 関連画像集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています