Huffpost Japan

NASAの超音速旅客機が「ネギそっくり」と話題に【画像集】

投稿日: 更新:
印刷

アメリカ航空宇宙局(NASA)が発表した超音速旅客機の予想図が「どう見ても長ネギ」と話題になっている。ネット上では、長ネギのCGと並べる画像を制作する人すら現れた。

独特なカラーリングばかりが話題になってしまったが、この「ロッキード・マーティン N+2」の巡航速度はマッハ1.7。2003年に引退した超音速旅客機「コンコルド」のマッハ2.04に比べてや速度はやや劣るものの、地上に大音響を響かせるソニック・ブームを100分の1に低減した。航続距離は1万km以上もあるという。超音速の「長ネギ」が世界の空をかけめぐる日も近いかもしれない。

Close
「ロッキード・マーティン N+2」予想図
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

NASAの有人宇宙船、12月に初の飛行実験

これがワープ実現の宇宙船――NASAが画像公開

地球に近づいた小惑星の画像、NASAが公開

火星探査へ「空飛ぶ円盤」実験 ハワイ沖でNASA、着陸を想定

NASA、2つの巨大太陽フレアを観測