NEWS

『危険ドラッグ』が脱法ハーブの新名称に ネットからは「ダサいから良い」などの意見も

2014年07月21日 23時00分 JST | 更新 2014年07月22日 19時36分 JST
時事通信社

厚生労働省と警察庁は7月22日、「脱法ドラッグ」や「脱法ハーブ」に代わる新しい名称を「危険ドラッグ」に決めたと発表した。

「脱法ドラッグ」という名前は、危険性の高い薬物だと認識されないケースがあるとの批判が相次いでおり、7月4日から、危険性が伝わる名称の募集を行っていた。意見募集は18日までだったが、メールなどで7000件近くの意見が寄せられたという。毎日新聞などが報じた。

脱法ドラッグの新しい名称について、国民から寄せられた意見を検討した結果、「危険ドラッグ」を選んだと発表した。応募が多かった「危険」と「ドラッグ」という名前を組み合わせた。
 
(毎日新聞『脱法ドラッグ:新名称は「危険ドラッグ」』より 2014/07/22 10:19)

新しい名称についてインターネットでは「変える意味が無い」という批判や、「ダサいネーミングだから良い」などの意見が出ている。

【関連記事】

バスソルトの被害 画像集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています