doraggu

かつてドラッグを売っていたこの男性は、今やアイビーリーグのひとつ、コロンビア大学の卒業生だ。
本作はアメリカとメキシコの国境を挟んだ麻薬戦争の実態を描いている。
1週間のニュースのうち、拾いきれなかった写真ネタを集めてお伝えします。今週は室内に現れた太陽とは、ドラッグで朦朧とした状態を再現するスーツ、宇宙採掘事業を可能にする米国の法案などをお届けします。
環境を変化させることで、依存症に劇的な影響を与えることができる。
ヘロインの過剰摂取で娘を失った父親が、子供の略歴などを含む死亡記事を書いた。その目的は薬物依存の危険を強調し、同じ問題と闘っている人々の助けになることだ。
「危険ドラッグ」の怖さは映像の力により世間に浸透しつつあります。しかし、指定薬物に指定されない新種の商品が次々登場し、それを使用する人々が大きな事故を起こすという悪循環が今も続いています。
脱法ハーブによる暴走運転が社会問題になったことで、「危険ドラッグ」に名前が変わりました。厚生労働省は、アンケート調査などをもとに、危険ドラッグの使用者を40万人と推定しています。危険ドラッグはなぜこれほど蔓延するのでしょうか。
「脱法ドラッグ」や「脱法ハーブ」に代わる新しい名称が「危険ドラッグ」になった。ネットからは「ダサいから良い」などの意見も出ている。
Clarityというサイトをご存じだろうか。起業家たちにトップクラスの専門家のアドバイスを有料でもらうためのサイトだ。サイトのトップに、ある顧客の体験談としてこう記されている。「Clarityで100ドル使って専門家の電話アドバイスを受けたおかげで、30,000ドル(約300万円)の無駄なソフトウェアを購入せずにすんだよ」僕も自分のビジネスを始めたとき、肝心なことがわからなくて大いに悩み、相談する相手を探すことからとても苦労した覚えがある。
厚生労働省と警察庁が「脱法ハーブ」に代わる新しい呼称の募集を始めると発表した。海外ではどのような名前が使われているのだろうか。