NEWS

【マレーシア航空機撃墜】国連安保理、非難決議を採択 ロシアも賛成、全会一致で

2014年07月21日 19時37分 JST | 更新 2014年07月21日 19時37分 JST
Reuters

[国連 21日 ロイター] - 国連安保理は21日、ウクライナ東部のマレーシア機撃墜を非難する決議を全会一致で採択、親ロシア派武装勢力に対し墜落現場への「安全かつ無制限」の立ち入りを認めるよう求めた。

決議はオーストラリアが草案を作成。撃墜に関与した人物は「責任を問わるべきであり、責任の所在の特定に向け、各国が完全に協力すべきだ」としている。

決議にはロシアも賛成票を投じた。

【関連記事】

関連記事

マレーシア航空機、ウクライナ東部で撃墜