ニュース

古代ローマの遺跡でくつろぐ猫たち(画像)

2014年08月04日 18時48分 JST | 更新 2014年08月06日 15時29分 JST

ここはイタリア、ローマの遺跡、トッレ・アルジェンティーナ広場。ローマ帝国時代の神殿の跡で、あの英雄、ユリウス・カエサルが暗殺された場所でもある。それから2000年あまりたった今、神殿の跡地でくつろぐのはなんと……猫!

もともとこの周辺には野良猫が多かったが、1993年、ボランティア団体が発足し、それ以降、「猫の聖地」として、野良猫を保護している。この区画は囲いがあり、昼の12時から夕方6時まで、訪問者を受け付けているという。ローマ在住の「Meta_Monkey」氏が撮影した。

カエサルのよすがを残す、いにしえの地に、のんびり佇む猫の姿をどうぞ。

古代ローマの遺跡に佇む猫たち

【猫関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています