NEWS

軽井沢に全寮制の国際学校「ISAK」開校 アジアのリーダー育成目指す

2014年08月25日 14時12分 JST | 更新 2014年08月25日 14時24分 JST
The Huffington Post

私立の全寮制の国際学校「インターナショナル・スクール・オブ・アジア軽井沢(以下、ISAK=アイザック)」の開校式が8月24日、長野県軽井沢町で開かれ、15カ国・地域から集まった一期生49人が顔を揃えた。

【関連記事】

小林りん代表理事は「この日を迎えられたのは、理念に共鳴して実現を信じ、励まして支えてくれた皆さんのおかげ。資金調達など苦難の道のりだったが、遠回りして“サマースクール”からスタートし、世界中から優秀な先生を迎え、素晴らしい生徒が門を叩いてくれた」などと語り「今日はゴールではなく、スタート」と決意を新たにした。

開校式には、下村博文文部科学相も駆けつけ「アジア全域から素晴らしい人材を集めて学校を作る、素晴らしいコンセプト。国もしっかり応援したい」とグローバル人材を育成する学校にエールを送った。阿部守一長野県知事も「軽井沢の地から、世界で活躍できる人材が生まれることが楽しみ」と期待感を示した。

生徒代表・タイ出身のサリタさんは「とても刺激的なISAKで、素晴らしい高校生活を送り、歴史の第一歩を築きたい」と挨拶。日本の生徒は「サマースクールに参加して、進学を決意した」「これまでの受け身の教育に疑問を感じて、この学校のことを知った」などと応募理由を語った。

ISAKは、アジア太平洋地域で幅広く活躍できる、リーダーシップを発揮できる人材の育成を目指すインターナショナルスクール。学校の理念に賛同した個人や法人らの寄付によって、設立資金や生徒の奨学金など、学校運営の資金を集めた。文科省の教育課程特例校の指定を受け、授業はすべて英語で行われる。

日本で初めて全校生徒に国際バカロレア・ディプロマプログラムを導入*する高等学校となるため、卒業後は世界中の大学へ進学できる。*現在ISAKは、国際バカロレア認定候補校として認められており、開校後の審査を経て、認定校となる予定。

小林さんは、開校式の後に行われた生徒プレゼンテーション(写真)の様子を以下のようにツイートしている。

isak

生徒プレゼンテーション

ISAK開校式

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

ISAKサマースクールの画像集