NEWS

紗綾さんと青木英李さんがデング熱に感染 代々木公園でロケ【王様のブランチ】

2014年09月01日 15時41分 JST | 更新 2014年09月01日 17時05分 JST
tbs.co.jp

タレントの紗綾(さあや)さんと青木英李(えり)さんが、デング熱に感染していたことが分かった。情報番組「王様のブランチ」で、8月21日に代々木公園でロケを行った際、蚊に刺されたとみられる。TBSが9月1日に発表した。2人は現在治療中だという。

青木さんは8月21日のブログで、代々木公園で昆虫採集したことを記していた。このロケの際に感染したようだ。

今日のロケで…
代々木公園で小学生ぶりに虫とりをしたよー!!
昔から虫が大の苦手な私。
今日のロケはかなり苦戦しました…笑
3姉妹だったからか、子供の頃もそんなに虫とりしたことなかったんだ~

(青木英李オフィシャルブログ「小学生ぶりかもっ」より 2014/08/21 21:02)

また、紗綾さんは8月27日のブログで高熱が出たことを明かしている。

お盆の時に風邪を引いて、熱が出て…
昨日からまた熱が。
高熱でフラフラです…
前回の熱が比にならないくらいきつーい。

(紗綾 officialblog 「またダウン。」より 2014/08/27 17:52)

デング熱は蚊に刺されることで感染し、高熱が出ることで知られている。8月27日までに、およそ70年ぶりに国内感染が判明した。3人がデング熱のウイルスを持った蚊に刺されたとみられる東京都渋谷区の代々木公園では、8月28日夕方に蚊の駆除をしている

9月1日には感染が確認されたデング熱に、新たに東京などの19人の感染が確認されたとNHKニュースが報じた。これまでの3人と合わせて計22人となった

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています