ニュース

錦織圭、全米オープン決勝はチリッチに3−0で敗れる 「また戻ってきたい」

2014年09月08日 16時44分 JST | 更新 2014年09月08日 20時53分 JST
Chris Trotman via Getty Images
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 08: Kei Nishikori of Japan returns a shot against Marin Cilic of Croatia during their men's singles final match on Day Fifteen of the 2014 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 8, 2014 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Chris Trotman/Getty Images for USTA)

全米オープン・男子シングルス決勝は、クロアチアのマリン・チリッチが日本の錦織圭をセットカウント3−0で下して、4大大会で初優勝を飾った。錦織も鋭いバックハンドを中心に健闘したが、チリッチが持ち味のサーブとパワーで終始圧倒した。

錦織は日本人として初めて4大大会の決勝に進出。快挙に期待がかかったが、あと一歩だった。表彰式でのインタビューでは、「今日は自分のテニスができなかった。またこの舞台に戻ってきたい」と話している。

錦織圭 全米オープン 男子シングルス決勝

【錦織圭関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています