Huffpost Japan

デング熱、温暖化で世界的に感染拡大の恐れ ウイルス運ぶ蚊の生息域が日本列島を北上

投稿日: 更新:
DENGUE
伝染病の関連情報を地図化するサイト「HealthMap」が表示した過去3カ月間の世界のデング熱発生状況(2014/09/09 現在) | healthmap.org
印刷

70年ぶりに国内感染が確認されたデング熱の感染者数が8月以降、続々と増えている。9月10日現在で国内感染者が確認された総数は15都道府県で計96人に上っている。9日には、初めて東京都以外で感染したとみられるケースが発表された

デング熱は熱帯地方で流行する感染症だが、日本でも戦時中の1942年から45年にかけて、長崎、佐世保、呉、神戸、大阪などの都市で20万人規模の感染者が出ている。南方からの帰還兵が感染源になったと見られている。今回も熱帯地方の旅行者がデング熱に感染し、その血を吸った蚊を媒介にして日本国内でも感染が拡大したようだ。

実は温暖化に伴って、日本でもデング熱の感染リスクが増えるという指摘は以前からあった。国立感染症研究所の研究では、温暖化にともなって、デング熱の人への感染を媒介するヒトスジシマカ(通称:ヤブ蚊)の分布が東北地方を年々北上していることが判明している

map
国立感染症研究所 昆虫医科学部のサイトより)

環境省が温暖化の影響をまとめた報告書では「2035 年には本州の北端まで、2100 年には北海道まで拡大する」という予測を紹介している。

デング熱を媒介するヒトスジシマカの分布は年平均気温11℃以上の地域とほぼ一致しており、1950 年以降、分布域が東北地方を徐々に北上していく傾向がみられます。ヒトスジシマカの将来の分布を予測した研究例では、赤で示された分布域が 2035 年には本州の北端まで、2100 年には北海道まで拡大すると予測されています。

(環境省「気候変動の観測・予測及び影響評価統合レポート 日本の気候変動とその影響 2012年度版」)

ヒトスジシマカの分布拡大が直ちにデング熱感染に結びつくものでないが、今後デング熱流行のリスクを持つ地域が拡大する可能性があり、注意が必要だ。

さらに、世界保健機関(WHO)の幹部は、温暖化にともなってデング熱の感染拡大が「アジアでは警戒レベルに達している」と警告した。47NEWSが報じた。

「アジアでは、デング熱の広がりが警戒レベルに達している」。世界保健機関(WHO)のネイラ公衆衛生環境局長は27日のジュネーブでの記者会見で、温暖化に伴い感染症が世界的に広がっていると強調、デング熱を代表例に挙げた。

近年はフランスなど欧州諸国でも感染例を確認。同じく蚊が媒介するウイルスの中でも、デング熱は日本脳炎やマラリアに比べはるかに急速に広がっているのが特徴だ。

WHOによると、感染例が確認されている国は100以上に拡大。世界で毎年5千万~1億人が感染していると推定されている。

(47NEWS「【デング熱感染】世界人口4割に感染危機 温暖化、蚊の生息地が北上」より 2014/08/30 12:49)

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

デング熱に関するQ&A|厚生労働省

FORTH|お役立ち情報|感染症についての情報|デング熱

東京都感染症情報センター » デング熱 Dengue fever

「東京訪れず」千葉の男性がデング熱感染

15都道府県81人に デング熱感染確認

【デング熱】 静岡県東部在住の男性も感染 8月末、代々木公園に…

デング熱感染81人に、予防対応広がる