NEWS

紗綾、デング熱から回復 「手足が真っ赤に腫れ上がった」

2014年09月11日 16時17分 JST | 更新 2014年09月11日 16時31分 JST
時事通信社

oricon style

紗綾、“デング熱”経験で助言「長袖、長ズボンがいい」

デング熱に感染し療養中だったタレントの紗綾(20)が11日、東京・松屋銀座で行われた『北欧の豊かな時間 リサ・ラーソン展』に来場し、退院後初の公の場に登場。大勢の報道陣を前に元気な姿を見せ「ものすごく元気です! 仕事復帰なので張り切ってきました!」と全快ぶりをアピールした。

紗綾は、タレントの青木英李(25)と共に8月21日、TBSの情報番組『王様のブランチ』のリポーターとして東京・渋谷の代々木公園で行われたロケに参加。そこで、複数の箇所を蚊に刺され高熱を出し「デング熱」と診断され入院し、今月5日に自身のブログを通じ退院を報告していた。

ロケ中に虫除けスプレーを“しなかった”という紗綾は、「両足で33ヶ所、手にも数ヶ所刺された。一週間後にいきなり高熱が出て、眼の奥が痛くなって頭痛がひどくなった」と明かし、「40度くらいの熱が出て、発疹もひどく手足が真っ赤に腫れ上がって“痛痒い”感じが嫌でした。氷枕で冷やしながら生活していました」と闘病生活を回顧した。

現在は「食欲も戻りました!」と完全復活を宣言した紗綾。「蚊は嫌いです。二度となりたくない病気」と苦笑いし「虫除けスプレーをして、蚊のいそうなところにいかない」といい、「とにかく長袖、長ズボンをしたほうがいいです!」と呼びかけた。

スウェーデンの陶芸家、リサ・ラーソン氏の作品とライフスタイルを紹介する同展覧会。きょう11日から23日まで同所にて開催される。

関連記事

デング熱 日本で感染拡大