NEWS

【アジア大会】髪覆うヒジャブ着用禁止、カタールが試合放棄 バスケット女子

2014年09月24日 23時46分 JST | 更新 2014年09月25日 00時10分 JST
KARIM JAAFAR via Getty Images
This photo taken on September 24, 2014 shows members of the Qatar women's basketball team walking off the court after withdrawing ahead of their women's preliminary round match against Mongolia during the 17th Asian Games at the Hwaseong Sports Complex Gymnasium in Incheon. Qatar on September 24 withdrew their women's basketball team from the Asian Games just before their first match over a rule banning Muslim headscarves. Qatar and the Olympic Council of Asia (OCA) hit out at the International Basketball Federation (FIBA) rule which bans all headwear on safety grounds. QATAR OUT AFP PHOTO / AL-WATAN DOHA / KARIM JAAFAR (Photo credit should read KARIM JAAFAR/AFP/Getty Images)

韓国・仁川で開かれているアジア大会のバスケットボール女子で9月24日、カタール代表が、イスラム教徒の女性が髪などを覆うスカーフ「ヒジャブ」(ヘジャブ)の試合中の着用を禁じられたため、1次リーグ初戦のモンゴル戦を放棄した。MSN産経ニュースなどが報じた。

大会の公式情報ページで、アマル・モハメド選手は「大会前は着用可能と聞いていた。禁止の理由が分からない。大会側が決定を変えるまで試合には出ない」と述べた。試合は規定により20-0でモンゴルの勝利となった。

大会組織委員会の広報担当者は「組織委としては着用をOKしたはず。問題を調査しているが、国際バスケットボール連盟のルールに抵触するようだ」と話した。アジア・オリンピック評議会(OCA)は「選手の権利が最優先されるべきだ」などと選手を擁護する声明を出した。

(MSN産経ニュース「【アジア大会】ヒジャブ禁止で試合放棄 バスケット女子」より 2014/09/25 09:32)

カタール選手の1人は大会の公式情報サイトで、「(ヒジャブ)禁止は知っていた。国際連盟が規定を変えるのを後押しするためにここに来なければならなかった」と話した。カタールは残り3試合も着用が認められなければ放棄するという。

今大会はヒジャブを着用する選手がいるサッカー女子のヨルダンが、日本と対戦した。また、ボート競技でもヒジャブ着用のイランが銅メダルを獲得している

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

A Very Luxurious Ramadan