NEWS

アビガン錠、ノロウイルスにも有効な可能性 富士フイルムのエボラ未承認薬

2014年10月21日 20時28分 JST | 更新 2014年10月21日 20時36分 JST
Media for Medical via Getty Images
This transmission electron micrograph, TEM, revealed some of the ultra structural morphology displayed by norovirus virions, or virus particles. Noroviruses belong to the genus Norovirus, and the family Caliciviridae. They are a group of related, single-s

[ロンドン 21日 ロイター] - エボラ出血熱への効果が期待される富士フイルム<4901.T>のインフルエンザ治療薬「アビガン(一般名ファビピラビル)」について、英ケンブリッジ大学の研究チームは21日、ノロウィルスに対しても効果を発揮する可能性があるとの見解を示した。

研究はなお初期段階にあるが、マウス実験でノロウィルス感染を低減、または除染する効果が確認された。

アビガンの投与で、ノロウィルスが「致死突然変異誘発」と呼ばれる自滅プロセスに至り、事実上、死滅するとしている。

関連記事

エボラ出血熱