NEWS

「SMバー」宮沢洋一経産相の政治活動費問題、海外はどう報じたか

2014年10月23日 17時17分 JST | 更新 2015年02月21日 23時24分 JST
時事通信社

宮沢洋一経済産業相の資金管理団体「宮沢会」が2010年、広島市内のSMバーに、交際費の名目で約1万8千円の政治活動費を支出していたことがわかり、宮沢氏は10月23日午前、記者団に「支出したのは事実。私自身は全く行っていない」と弁明した。このニュースについては海外はどのように報じたのかを紹介する。

■ロイターUK版「S&Mバー」

ロイターUK版は、「日本の新経産相の支持団体がS&Mバーに資金を使っていた」と題した記事で速報した。記事は「宮沢氏は、彼の支援団体が選挙区の広島で、サド・マゾヒズムをテーマにしたバーで1万8230円を支払ったことをニュースで知ったと述べた」としている。

また、宮沢事務所がロイターに対し「報告書に掲載した日の宮沢のスケジュールがあるが、彼は行っていない」と述べたという。

なお、この記事はYahoo ニュース US版にも掲載された。シンガポール最大のザ・ストレーツ・タイムズ紙も同記事を配信しているが、「S&Mバー」という言葉が「いやらしいバー」と置き換えられた。

■ブルームバーグ「ボンデージバー」

ブルームバーグは「安倍首相の閣僚は、側近が政治資金をボンデージバーに使ったと述べた=報道」というタイトルの記事で報じた。記事は、「安倍氏の鉄壁の支配力が失われつつある」とする上智大学の中野晃一教授の発言を紹介した。

■BBC「Sexクラブ」

イギリスBBCは記事のタイトルに「Sexクラブ」という言葉を使った。記事は「私はそこに行かなかった。本当だ」と宮沢氏が強調したことを紹介し、「誤って計上された」として、収支報告書を修正する計画であることを伝えた。

■シンガポールのテレビ局「Sex バー」

シンガポールのテレビ局、チャンネル・ニュース・アジアは「日本では今週3回めの政治スキャンダルに襲われた」として、「新任の経産相が、彼の手下がSexバーで公金を使ったことを自認した」とするAFPの記事を報じた。記事ではこの施設について「女性をロープでしばったり、折檻する施設」と説明している。

マレーシアのマレー・メールやタイの英字紙・ネーションも同記事を配信した。

オーストラリアの公共放送・ABCもこの記事を配信したが、「ヒロシマ」という地名を記事タイトルに入れている。

■インドネシア紙「SEXスキャンダル」

インドネシアのトリビューン・ニュース紙はSMバーの詳細について説明。「体にろうそくを垂らしたり、性的興奮のために女性を縛ったりする暴力的な店」としている。

【関連記事】

第2次安倍改造内閣(2014/09/03)

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています