ニュース

岡崎久彦氏が死去 安倍首相の側近

2014年10月27日 22時05分 JST | 更新 2014年10月27日 22時09分 JST
報道ステーションSUNDAY

元タイ大使で安倍晋三首相の外交・安全保障分野のブレーンとして知られる岡崎久彦氏が10月26日、死去した。84歳。外務省が27日、発表した。朝日新聞デジタルなどが報じた。

1952年に外務省入省。同省情報調査局長や駐サウジアラビア大使、駐タイ大使を歴任し、92年に辞職後は「親米保守」の論客として知られた。
 
同省調査企画部長だった83年に、歴史を踏まえた国家戦略論を説いた著書「戦略的思考とは何か」がベストセラーとなり、テレビの討論番組などにも数多く出演した。2004年には当時、自民党幹事長だった安倍晋三首相と共著「この国を守る決意」を出版した。
 
岡崎久彦・元駐タイ大使が死去 安倍首相の外交ブレーン:朝日新聞デジタルより 2014/10/27 20:36)

岡崎氏は、首相が設置した「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)のメンバーを務めた。安保法制懇は2014年5月に、集団的自衛権の行使を認めるべきだとする報告書を提出している。集団的自衛権について岡崎氏はテレビ朝日・報道ステーションSUNDAYのインタビューに応え「自衛隊は戦争する軍隊になりますよ」と述べていた

【関連記事】

2014年に亡くなった著名人

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています