NEWS

【長野県北部の地震】家具が倒れ、道路に亀裂 新幹線は緊急停車(画像)

2014年11月23日 00時09分 JST | 更新 2014年11月23日 17時24分 JST

11月22日午後10時8分頃、長野県北部を震源とする最大震度6弱の強い地震が発生した。気象庁によると、23日の午前7時までの間に震度1以上の余震は45回発生している。気象庁は、今後1週間程度、最大で震度5強程度の余震の可能性があるとして、注意を呼びかけている

Twitter上には、地震直後の家の家具が倒れて物が散乱している様子など、地震の大きさを伝える写真が投稿された。緊急停止した新幹線の中の緊迫した状況を伝える写真も多数投稿されている。

■地震発生時を撮影したとみられる動画も

■店舗などでは棚の商品が落下 道路にも亀裂が……

■新幹線は緊急停車、または一時運転見合わせ

この地震で、東北、上越、山形、秋田の各新幹線が一時運転を見合わせるなどの影響が出た。各新幹線はその後、午後10時25分に運転を再開。東海道新幹線では「地震防災システム」が稼働し、東京ー岐阜羽島間の上下線で新幹線が緊急停止し、安全確認後に運転を再開した

【訂正】掲載していたツイートに、投稿者本人が撮影したものではない画像を掲載していた物が含まれていたため、当該のツイートは削除致しました。(2014/11/23 17:20)

【地震】長野県北部で震度6弱 2014/11/22

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています