Huffpost Japan

ギリシャのデロス島沿岸の浅瀬で紀元前1世紀の古代遺跡発見

投稿日: 更新:
印刷

ギリシャのデロス島沿岸の浅瀬に複数の種類の遺跡があることは、研究者の間では周知の事実だ。ただし、その建築物は単に海中に沈んだ港の残骸だと思われていた

しかし、最新の海底調査により、港ではなく、紀元前1世紀まで遡る、窯元などがある古代集落跡だと判明した。そこでは古代ローマの都市ポンペイの海中で収集されたものと同じ16点の土器が、デロス島沿岸の浅瀬で発見された。

underwater pompeii
デロス島沿岸の浅瀬で16点の土器が発見された

ギリシャのニュースサイト「Greek Reporter」英語版によると、国立ギリシャ研究機構とギリシャ文化省の潜水士が、わずか水深6フィート(約1.8メートル)の浅瀬で、巨大な石、石柱、土器、そして窯の跡を発見した。

ディスカバリーニュース」によると、ギリシャ文化省は「ポンペイと、同じく古代ローマの都市ヘルクラネウムで同様の窯跡が発見されている」と述べている。

研究者は、今回の発見がギリシャ神話の重要な土地であるデロス島の歴史に新たな光を当てるものであると期待している。ギリシャ神話によれば、デロス島は太陽神アポロンと月の女神アルテミスの生誕地だ。

ユネスコによると、デロス島は、紀元前8世紀から紀元前1世紀にかけて文化の中心地として繁栄した。そして紀元前2世紀から紀元前1世紀には世界的な港湾都市としても隆盛を誇った。しかしこの島は6世紀に放棄された。

現在、デロス島には遺跡のみが残っており、ユネスコ世界遺産として管理されている。

Close
デロス島 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

Close
Unearthed
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

「THE 世界遺産」| TBSテレビ

NHK世界遺産 - NHKオンライン

世界遺産めざす八幡製鉄所に見学通路 北九州市が設置へ

世界遺産の富岡製糸場 来場者100万人

百舌鳥・古市古墳群を世界遺産に 堺市とイオンがPR包括連携協定

世界遺産、アンコールからプレアヴィヒアへ

世界遺産"シギリヤロック"の麓に暮らす家族の食卓。名前のない家庭料理に出会いました。[世界の食卓を実際に訪ねてみた vol.8 スリランカ編]|KitchHike