girisha

1991年の独立以来、マケドニアという国名でトラブルになっていました
難民、移民のなかでも大人なしで避難してきた子どもたちの支援が急がれます。
ギリシャの首都アテネ中心部で5月25日、ルーカス・パパデモス元首相(69)が乗っていた自動車の中で郵便物が爆発し、元首相と同乗していた2人が負傷した。
「異常気象で彼らの命が危険にさらされています」
今回告発されたのはギリシャのレスボス島にあるモリア難民キャンプで、現在12〜17歳の子供たちが92人収容されている。
本当にお気の毒なフーマさん…。
世界が今年開催のリオデジャネイロ・オリンピックに向けて準備する中、ギリシャで行われる予定のある展示会が、訪れた人たちを1896年へと連れ戻そうとしてる。