NEWS

【選挙速報】自公で3分の2超す 安倍首相は憲法改正に意欲 衆院選2014

2014年12月14日 00時33分 JST | 更新 2014年12月14日 16時30分 JST
時事通信社

第47回衆議院選挙は12月14日、午前7時から全国約4万8000カ所の投票所で始まり、午後8時で締め切られた。直ちに開票が始まり、与党が法案の再可決や憲法改正の発議に必要な、3分の2の議席を獲得した。朝日新聞デジタルは、自民・公明両党あわせた議席数が、選挙前の324議席を上回る、326議席に達したと報じた。

安倍首相はテレビ東京の番組で憲法改正を進めるかを問われ、「そういうことですね」と認め、意欲を示した。

なお、総務省によると、午後7時30分時点の全国平均は37.72%。前回2012年12月の衆院選の同時点の同時点の45.42%を7.70ポイント下回っている。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

2014衆院選 各党の政策パンフレット