ライフスタイル

シベリアンハスキーは走った。3Dプリンター製の義足をつけて(動画)

2014年12月18日 16時36分 JST | 更新 2014年12月18日 16時56分 JST

冒頭の動画に登場するシベリアンハスキーのダービーは、生まれつき前足が未発達で、自由に動くことができなかった。

しかし、タラ・アンダーソンに出会って、ダービーの運命は変わった。

タラは、3Dプリンターのプロダクトディレクターとして、動物義肢の専門家のデリック・カンパナ氏のサポートを得て、ダービーのための義足を完成させた

義足をつけたダービーは……信じられないほど自由に駆け回った。まるで最初から前足を持っていたかのように。

derby

ダービーは今、飼い主とともに毎日散歩しているという。

【関連記事】

笑う犬たち

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています