Huffpost Japan

羽生結弦、尿膜管遺残症で手術 どんな病気?

投稿日: 更新:
HANYU 2014
Japan's Yuzuru Hanyu performs in the Men's Figure Skating Team Short Program at the Iceberg Skating Palace during the Sochi Winter Olympics on February 6, 2014. AFP PHOTO / DAMIEN MEYER (Photo credit should read DAMIEN MEYER/AFP/Getty | DAMIEN MEYER via Getty Images
印刷

日本スケート連盟は12月30日、腹痛で精密検査を受けていたフィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が「尿膜管遺残症」と診断され、手術を受けたと発表した。時事ドットコムなどが報じた。

約2週間の入院と1カ月の安静が必要で、練習は経過を見て再開する見込み。羽生は3月の世界選手権(上海)代表に選ばれており、影響が懸念される。

羽生には今月上旬のグランプリ(GP)ファイナル中から断続的な腹痛があり、3連覇した27日の全日本選手権後に精密検査を受けた。

時事ドットコム:羽生が手術、2週間入院=フィギュア 2014/12/30 17:30)

毎日新聞などによると、尿膜管は、胎児の時にへその緒と膀胱をつないでいる管。生後、出生後に退化して自然になくなるのが一般的だが、完全に退化せず残る人もおり、その状態を尿膜管遺残症という。炎症や腹痛などの症状があるが、症状が出ない場合もある。処置としては、手術で尿膜管を摘出することが多いという。

羽生は11月上旬の中国杯で他の選手と激突し、頭部や腹部、太ももなどを負傷した。

【羽生結弦 関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

ハフィントンポストの人気記事

Close
羽生結弦の2014年
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

羽生 結弦:強化選手 | 公益財団法人 日本スケート連盟 - Japan Skating ...

時事ドットコム:羽生結弦 写真特集 - 時事通信社

羽生結弦が3連覇「最後のルッツはシニアの意地」 フィギュア全日本選手権【画像】

羽生結弦、フィギュア全日本選手権で首位発進