Huffpost Japan

神野大地ってどんな人? 新しい"山の神"「AKBは好きじゃないけど前田敦子は......」【箱根駅伝】

投稿日: 更新:
KAMINO
路を1位でゴールする青学大の神野大地=2日、神奈川県箱根町 | 時事通信社
印刷

1月2日から3日にかけて開催された第91回「東京箱根間往復大学駅伝」。伝統の箱根駅伝で往路と復路の両方を制し、初の総合優勝を果たしたのは、青山学院大学だった。その立役者となったのは、小田原から芦ノ湖へと箱根山を登る往路5区を走った3年生の神野大地(かみの・だいち)選手だ。

スポニチによると、神野選手はスタートから10kmすぎに駒澤大学を逆転し、トップに立った。コース変更で20m長くなった区間で「山の神」と呼ばれた柏原竜二選手の区間記録を上回る1時間16分15秒をマーク。2位の明治大学に約5分の大差をつけて、往路初優勝に導いた。「山の神かどうかは皆さんに決めていただくこと。そうなれたらうれしい」と、コメントしていたという。

■金メダリストにあやかって命名

日刊スポーツによると、神野選手は1993年9月13日生まれの21歳。愛知県津島市出身。中京大中京高校を経て青山学院大学に入学。総合文化政策学部に在籍している。「大地」という名前は、ソウルオリンピックの競泳男子100m背泳ぎで金メダルを獲得した鈴木大地選手にあやかって、父親の敏道さんに命名された。

身長164cm、体重44kg。2014年11月の全日本大学駅伝ではアンカー8区を担当し区間3位だった。自己ベストは5000メートル14分4秒58、1万メートル28分41秒48。ハーフマラソンの1時間2分42秒は青山学院大学としては新記録となった。

好みのタイプについて、「AKBは好きではないが前田敦子は好き」と報じられている

kaminio4
往路優勝を果たし、ガッツポーズする青学大5区の神野大地=2日、神奈川県箱根町

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

青学大・原監督 往路優勝立役者に「超人神野大地でしたね」 ― スポニチ ...

青学大・原監督 往路優勝立役者に「超人神野大地でしたね」

青学大・神野大地 箱根でバサロ走法

青学大初V 神野が柏原超えで駒大逆転

柏原超え、神野爆走で青学大総合V王手

山の神野!5区で“伝説”柏原超えで青学大97年目の初V