hakoneekiden

終盤で劇的な首位交代。駒澤大学が総合優勝を果たしました。
現場で応援してきたフリーザ様御一行の1人に取材。「フリーザ軍団さんたちの活動と熱意を身近に体感した」と話す。
復路では着々と順位を上げ、9区で4位まで浮上した。
かつての日本人最速記録保持者の粋なツイートに、ファンからは喜びの声も。
箱根駅伝の新たな風物詩の一つになりつつある。
2区で区間新の相澤晃選手(東洋大)は同じシリーズの色違いを着用。ライバルで区間2位の伊藤達彦選手(東京国際大)はピンク色のモデルを履いていました。
箱根駅伝に出場するまでの苦しみや難しさを知っているからこそ、丁寧に理解して、発信することを心がけている。
2019年は、東海大が10時間52分9秒の大会新記録で、初の総合優勝を決めた。
青学の総合5連覇はならなかった。