Huffpost Japan

ローマ法王、アジアから3人の枢機卿を選出「多様性を」

投稿日: 更新:
POPE FRANCIS
Pope Francis waves to the crowd from the window of the pope's biblioteque, during the Sunday Angelus prayer in St Peter's square at the Vatican on January 4, 2015. The pontiff announced that, on February 14, he will nominate twenty new cardinals, fifteen from 14 countries, aged less than 80 years and therefore voters in case of new conclave. AFP PHOTO / VINCENZO PINTO (Photo credit should read VINCENZO PINTO/AFP/Getty Images) | VINCENZO PINTO via Getty Images
印刷

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は1月4日、バチカンのサンピエトロ広場で開いた祈りの集いで、新たに18の国から20人の枢機卿を任命すると発表した。東南アジアからは、バチカンと外交関係のないベトナム、ミャンマーを含め3人が選ばれた。毎日新聞などが報じた。

「欧米偏重からの脱却」という法王の方針を反映し、アフリカのカボベルデ、オセアニアのトンガからも初めて枢機卿が選ばれた。2月14日に叙任式が行われる。

枢機卿は教会の最高顧問として、法王を補佐する。現在208人で、法王を選ぶ選挙「コンクラーベ」の投票権がある80歳未満は110人。今回選ばれた20人のうち、80歳未満は14カ国の15人となる。

南米・アルゼンチン出身でカトリック教会の改革に取り組むフランシスコ法王は、「すべての大陸から指名しており、ローマと世界中の教会との間の太い絆を示している」として「任命にあたっては多様性を重視した」と語った

フランシスコ法王は2013年、中東やアジアを訪問したほか、今月はスリランカとフィリピンを訪問するという。

【関連記事】
Close
Best Of Pope Francis
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

ローマ法王:枢機卿人事「脱欧」加速…東南アから新任3人

バチカン:米キューバの秘密交渉 ローマ法王が仲介役

南米王者サンロレンソ、クラブ世界一へローマ法王が後押し!

ローマ法王、10年後には今の地位にいないとの見解示す