NEWS

「SMAP」をNASAが打ち上げ 1月29日、夜空の向こうへ

2015年01月06日 19時16分 JST | 更新 2015年01月06日 19時19分 JST
NASA

NASAの人工衛星「SMAP」が、1月29日にアメリカ・カリフォルニア州のヴァンデンバーグ空軍基地から打ち上げられる。

SMAPは「SOIL MOISTURE ACTIVE PASSIVE」の略称。地球の全土壌の水分を測定することができる。宇宙で展開するアンテナは直径6mと過去最大。マイクロ波を使った2台の機材で、2日ごとに地球の土壌の表層5cmの水分量を計測する。この情報をもとに世界の土壌水分量を地図にまとめて、干ばつの予報に役立てる。

CNNによると、NASAジェット推進研究所の専門家は「SMAPは深刻な干ばつの状況予想を支援でき、農家の干ばつからの復興の手助けもできる」と説明している。

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた宇宙

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています