NEWS

阪神・淡路大震災から20年。失われた面影を求めて【画像】

2015年01月17日 00時01分 JST | 更新 2016年01月16日 23時12分 JST

6434人の死者を出した1995年1月17日の阪神・淡路大震災から20年が過ぎた。

被災の傷跡が生々しい20年前の写真に写っていた場所を、2015年の1月16日に訪ね、当時と同じアングルで写してみた。

【関連記事】

阪神・淡路大震災から20年、街は賑わっていた。あの日までは【画像】

当時、大きな被害に見舞われた場所は、すっかり街並みを一新しており、今は面影を探すことすら難しい。カメラの構図に覆いかかる木々の成長が、20年の月日を物語る。

それでも、新調された電車の行き先表示器や道路標示が、ほぼ同じ場所に設置されていたり、新しい建物の合間に当時のままの建物が残っていたり。撮影場所の特定は、わずかな手がかりが頼りだった。

▪︎阪神石屋川駅付近(神戸市東灘区)

(C)時事通信社/Taichiro Yoshino

▪︎倒壊したマンション(兵庫県西宮市)

(C)時事通信社/Taichiro Yoshino

▪︎神戸高速鉄道大開駅(神戸市兵庫区)

(C)時事通信社/Taichiro Yoshino

▪︎そごう神戸(神戸市中央区)

(C)神戸市(CC BY 2.1 JP)/Taichiro Yoshino

▪︎阪神高速(兵庫県西宮市)

(C)時事通信社/Taichiro Yoshino

▪︎神戸交通センタービル(神戸市中央区)

(C)神戸市(CC BY 2.1 JP)/Taichiro Yoshino

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

1995年1月17日、阪神・淡路大震災