ニュース

エボラ出血熱治療薬の臨床試験、リベリアで近く開始

2015年01月23日 18時39分 JST
The Times via Getty Images
JOHANNESBURG, SOUTH AFRICA JANUARY 19 (SOUTH AFRICA OUT): Healthcare professionals who have been recruited to work in Sierra Leone as part of the Ebola Emergency Response initiative take part in a practice session on January 19, 2015 at Helen Joseph Hospital in Johannesburg, South Africa. The team leaves for Sierra Leone next week. (Photo by Moeletsi Mabe/The Times/Gallo Images/Getty Images)

英製薬大手、グラクソ・スミスクライン(GSK)のほか、米ニューリンク・ジェネティクスとメルクが開発中のエボラ出血熱治療薬について、安全性や効果を確かめるため、米国の保健当局者らは22日、今後2週間以内にリベリアで第2━3段階の臨床試験を行う計画を明らかにした。

同当局者らが記者会見で説明した。

さらに、米マップ・バイオファーマシューティカルが開発中の「ZMapp」は、第1━2段階の臨床試験が近く始まる見込みという。試験用に十分な数量が生産されたとの見方を示した。

エボラ出血熱