ebora

補償を伴わない「自粛要請」が生んだ“晒し上げ”。1995年に公開されたこの映画が浮き彫りにするのは、情緒に訴えかけて感染症を制御しようとしてきた、いびつな日本社会だ。
現在複数の医療機関が、試験中のワクチンを感染症集団感染が発生している地域に送ることを協議している。
「医療施設から遠く離れているのが問題です」
世界を恐怖に陥れたエピデミック(大流行)も既に忘れていた人も多いことでしょう。
家族が死に行く姿を目にし、アフリカはいま悲しみに満ちている/エボラ・・・医者を信じよう
西アフリカで流行して1万人以上の死者を出しているエボラウイルスの新しいワクチンを、東京大学医科学研究所の河岡義裕(かわおか よしひろ)教授らが開発し、サルで感染予防効果を確認した。
リベリア政府と世界銀行グループは、日本政府とのパートナーシップの下、リベリアでのエボラ危機による心理的影響に対応し、人々が健康な社会生活を送れるよう300万ドルの新規プロジェクト「リベリア心理社会的健康と強靭性の支援」を立ち上げ、2月25日、同プロジェクトの調印式典が、世界銀行リベリア事務所にて行われました。
西アフリカのギニアでエボラ出血熱治療に関する臨床試験を行っている医療慈善団体は、富士フイルム<4901.T>グループの富山化学工業が開発したインフルエンザ薬「アビガン」(一般名:ファビピラビル)について、一部患者の死亡率が半減したとし、西アフリカ全域で使用されるべきだとの見解を明らかにした。
エボラ出血熱に感染したかどうかを簡単に診断できる機器を、フランスの公的研究機関「バイオアスター」と共同で、15年末までに開発する。
英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が米国立衛生研究所(NHI)と共同開発しているエボラ出血熱のワクチンの初期臨床試験(フェーズI)の結果について科学者らは28日、ワクチンが安全で、免疫反応をもたらすことが示されたと述べた。ただ、感染を防げるか、また追加免疫が必要かどうかを見極めるためにより大規模な臨床試験が必要だと指摘した。