NEWS

スペインの聖週間 三角帽をかぶった男たちが街を練り歩く

2015年03月31日 18時52分 JST | 更新 2015年04月01日 00時49分 JST

3月29日、スペインでカトリック教徒にとって重要な期間「サマナ・センタ(聖週間)」に入った。イエス・キリストが十字架で処刑され3日目に復活したというイースター(復活祭)を前に、カトリック信者たちが三角帽に黒いマントをまとい、行進する。まるで中世に戻ったかのような、不思議な光景がそこには広がっていた。

2015 聖週間

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています