Huffpost Japan

エドワード・スノーデン氏「政府はあなたの(ピー)写真をゲットできます。説明しましょう」

投稿日: 更新:
EDWARD SNOWDEN
HBO
印刷

アメリカ国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデン氏がコメディアンのジョン・オリバーとのインタビューに応じた。彼がアメリカ政府の監視プログラムに関する機密文書を漏洩し、告発を免れるためにロシアに政治亡命してから2年近く経っている。

「自分の国、故郷、家族……とても恋しいですね」 とスノーデン氏は述べた。

アメリカのケーブル放送局HBOのトーク番組「ラスト・ウィーク・トゥナイト」の司会者オリバーは、一般人でも分かりやすいように、アメリカ政府の大規模監視について、くだけた言い方で説明してくれないかとスノーデン氏に求めた。彼はスノーデン氏に、あるビデオを見せた。政府が一般人の監視プログラムの一環として不正にあなたのヌード写真や(ピー)の写真を傍受していたことについて不安に思っているアメリカ人たちのビデオだ。

「いい情報は、"(ピー)の写真"という名前のプログラムはないということです。良くない情報は……政府は今もみなさんの情報を収集しているということです。(ピー)の写真も含めてです」 と、スノーデンはくすくす笑いたいのをこらえながら語った。

「例えばGmailのようなEメールは海外のサーバーに置かれていたり、あるいは海外に転送されていたり、アメリカの国境を越えていつでも流出したりします。そんなEメールを使っていたら、あなたの恥ずかしい(ピー)までデーターベースに記録されています」、とスノーデン氏は付け加えた。

さらにスノーデン氏はアメリカの極秘通信傍受プログラム「PRISM」について説明を始めた。「PRISM」ではGoogle、Facebook、Appleやその他のテクノロジー企業からデータを収集する。

「PRISMは、データベースからあなたの(ピー)を引き出せるんです」と彼は述べた。「何であなたの(ピー)がオンライン上にあるかなんて、そのいきさつはわかりませんが」

ではアメリカ人はプライベートな写真を撮ることをやめて、オンラインでやりとりするのはやめたほうがいいのか。

「不正を働いている政府のために自分の行動を変えるべきではありません」とスノーデン氏は語った。「怖いからといって自分の価値を犠牲にしたら、あなたはその価値についてたいして気にしていないということなのです」

Close
Edward Snowden
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

朝日新聞デジタル:スノーデンに関するトピックス

NYの公園の「スノーデン像」はどうなった?

NYの公園に「スノーデン像」、アーティスト集団が設置

英国:「アルゼンチンでも傍受」スノーデン容疑者文書から