sunoden

1月に英『ロイター通信』に実名を出して登場した元NSA女性職員が今、メディアのスポットライトを浴びている。
たとえそこに「命の危険」があったとしても、異議申し立てのハードルは極めて高い。
トランプ大統領をめぐる記事の撤回は、さらに続く。
強気の反米発言を繰り返してきたプーチン大統領だったが、この2~3週間は「土下座外交」のような低姿勢の発言が目立つ。
アメリカの映画監督オリバー・ストーン氏が、ロシアのプーチン大統領をテーマにした作品に取り組んでいることを明かした。プーチン氏に対する評価は好意的だ。
「スパイをみすみす手放す国なんてない」
スノーデン事件とはなんだったのか復習ポイントをおさらいします。
対立が深まる米ロ関係は、11月8日の米大統領選挙を挟んで、冷戦終結後では最も緊張する局面を迎えそうだ。
過去20年近く、インターネットの中核機能の運営を担って来たのは、国際的なNPO「ICANN」だ。そしてICANNはこれまで、アメリカ商務省の監督下にあった。
アメリカとEU間でなんとか合意にこぎつけたのが、新たな枠組み「プライバシー・シールド(プライバシーの盾)」だった。
アップルのティム・クックCEOが、裁判所によるアイフォーンのデータ保護の解除命令を拒否している騒動は、日本でも大きな関心を集めている.
今月初め、フランス内務省が、テロ対策の一環として「Tor」や公衆Wi-Fi(無線LAN)の使用禁止を検討している、と報じられる騒ぎがあった。
パリで起きた同時多発テロは、法制化推進派には追い風と映ったようだ。そして、その標的となったのが、スノーデンさんだった。
MOTとNHKの場合には、主張のみがあり、根拠は示されず、署名どころか、誰がその主張を言い出したのかまったくわからない。これでは議論の始まりようがない。
この協定が無効になると、フェイスブック、グーグルなどのシリコンバレー企業は、EU域内ユーザーのデータを、米国に持ち出せなくなる。
昨年末に失脚した中国の共産党の大物政治家、令計画氏の実弟が米国に亡命したと、米メディアが伝えた。共産党政権を揺るがす機密を持ち出したとされ、中国国内で波紋を広げている。
4月6日早朝にニューヨーク市ブルックリンのフォートグリーンパークにアメリカ国家安全保障局(NSA)の元職員のエドワード・スノーデン氏の巨大な胸像が設置された。
アメリカ国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデン氏がコメディアンのジョン・オリバーとのインタビューに応じた。
英ガーディアン紙の次期編集長に、ガーディアン米国版編集長のキャサリン・バイナーさんが就任する、と20日に発表があった。
ニューヨーク・タイムズのコラム「メディア・イクエイジョン(メディアの方程式)」で知られる名物メディアコラムニスト、デビッド・カーさんが12日夜、急死した。