NEWS

火星から見た夕陽は、青かった。無人探査機「キュリオシティー」が撮影(動画)

2015年05月15日 00時35分 JST | 更新 2015年05月15日 00時47分 JST

アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星無人探査車「キュリオシティー(Curiosity)」が初めてカラーで捉えた火星の夕陽の画像が、5月15日公開された。火星から見た夕日は、青みがかっていた。

msy

夕陽は、キュリオシティーに搭載されたカメラで4月15日、ゲール・クレーター(Gale Crater)から撮影された。撮影の間、砂嵐の間で行われたが、一部の砂は空高く舞い上がっていたという。

火星では、大気中のちりに含まれる微粒子によって、他の波長の色よりも青い光を効率的に通す。青色の光が太陽周辺の空にとどまる一方で、黄色や赤色の光が広く拡散するため、青みがかって見えるという。

キュリオシティーは、画像をTwitterにも投稿している。

Curiosity: Mars Science Laboratory's Rover

【関連記事】

【ハフィントンポスト日本版2周年イベント開催】

未来のつくりかたーーダイバーシティの先へ 2015年5月16日(土)14:00開始

グローバル人材、アジアの女性、子育てしやすい国、これからの働きかたーー。小室淑恵さんや瀬谷ルミ子さんら有識者のほか、アジア各国版の編集主幹と「多様性」についてディスカッションします。 詳細は、こちらから

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています