NEWS

トルコ総選挙、野党の選挙集会で爆発 テロの可能性も(画像)

2015年06月06日 18時10分 JST
ILYAS AKENGIN via Getty Images
People look at smoke from an explosion which injured several people during a rally by the pro-Kurdish People's Democratic Party (HDP) on June 5, 2015 in Diyarbakir, two days ahead of legislative polls. The HDP has been targeted by several attacks ahead of June 7 elections and clashes at its rally in the eastern city of Erzurum on june 6 left dozens wounded. AFP PHOTO / ILYAS AKENGIN (Photo credit should read ILYAS AKENGIN/AFP/Getty Images)

6月7日に総選挙が行われるトルコの南東部ディヤルバクルで5日、クルド系野党の人民民主主義党(HDP)の選挙集会で2度爆発が発生し、2人が死亡、100人以上がけがをした。ロイターなどが報じた。

朝日新聞デジタルによると、爆発はデミルタシュ党首の演説が始まる直前に発生した。HDPの関係者は、テロの可能性があるとし、当局に捜査の徹底を求めた。

NHKニュースによると、今回の総選挙でエルドアン大統領率いる与党の公正発展党(AKP)は大統領の権限を強化させる憲法改正を目指しているのに対し、HDPがエルドアン大統領の強権的な政治手法を批判し、支持を拡大させていた。

  • ILYAS AKENGIN via Getty Images
    クルド系政党の人民民主主義党(HDP)の選挙集会で爆発が発生し、煙が立ち上る。 AFP PHOTO / ILYAS AKENGIN (Photo credit should read ILYAS AKENGIN/AFP/Getty Images)
  • ILYAS AKENGIN via Getty Images
    爆発現場からけが人を運び出す集会の参加者たち。 (Photo credit should read ILYAS AKENGIN/AFP/Getty Images)
  • ILYAS AKENGIN via Getty Images
    警察の装甲車に投石などで抵抗する集会の参加者。 (Photo credit should read ILYAS AKENGIN/AFP/Getty Images)
  • ILYAS AKENGIN via Getty Images
    爆発現場で警察の治安部隊に抵抗する集会の参加者たち。 (Photo credit should read ILYAS AKENGIN/AFP/Getty Images)

トルコ総選挙の選挙集会で爆発

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています