NEWS

1948年の韓国・ソウル。戦火を逃れた貴重な写真の数々(モノクロ画像)

2015年06月12日 00時35分 JST | 更新 2015年06月12日 00時35分 JST
부경근대사료연구소

1948年に韓国政府が樹立される前後のソウルの様子を収めた写真が6月10日、公開された。

その2年後に勃発した朝鮮戦争で、ソウルは2回、大規模な地上戦の舞台となり、多くが破壊された。今は見られない貴重な光景が写っている。

公開したのは、韓国・釜山にある「釜慶近代史研究所」のキム・ハングン所長が、アメリカのコレクターから提供した約250枚の一部。ソウルの航空写真から庶民の生活を写したものまで内容は多岐にわたる。

キム所長は「1940年代前半は、朝鮮総督府が朝鮮半島の資料をあまり残していなかった。解放後のアメリカ軍政期は当時の生活の様子や風景を記録する主体が明確でなく、近代史の暗黒期だった。このため、1945年から48年までの『解放空間』を写した写真は、資料的価値が非常に高い」と話す。

1948年、韓国・ソウル

この記事はハフポスト韓国版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

娘が生まれてから嫁ぐまでの25年を、パパはカメラに収め続けた。

default

北朝鮮の1950年代の様子をとらえた貴重なモノクロ写真【画像】

default

朝鮮戦争の1950年、韓国軍はソウル市民を見捨て、橋を爆破して逃げた

hangang

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています