NEWS

セブン-イレブン青森進出 45番目、空白県はどこ?

2015年06月12日 00時02分 JST
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
Pedestrians walk past a 7-Eleven convenience store in Tokyo on April 8, 2010. Seven & i Holdings, which operates supermarkets, department stores and 7-Eleven convenience stores in Japan and the United States, said annual net profit fell 51.4 percent year-on-year to 44.9 billion yen (481 million USD). AFP PHOTO / Yoshikazu TSUNO (Photo credit should read YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images)

コンビニエンスストア最大手のセブン−イレブン・ジャパンは6月12日、青森県に初出店し、青森市などに8店舗を開店した。青森県への出店は都道府県で45番目。残る2県のうち、10月には鳥取県に出店予定で、沖縄のみが空白県となる。47NEWSなどが伝えた。

岩手県北上市に新設した工場でおにぎりや弁当を製造し、青森県内の店舗に配送する。また「煮干しラーメン」や「りんご&シナモンホイップサンド」など、地域限定商品も充実させ、既に青森県に出店しているローソンやファミリーマートなどライバルとの競争に勝ち抜く考えだ。

セブン―イレブン青森進出 45番目、残りは鳥取と沖縄 - 47NEWS 2015/06/12 07:19)

セブン−イレブンは国内で約1万7000店を展開。2018年2月末までに、青森県内に約100店を出店する予定だ。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

SECRET MENUS