sebun-irebun

アルコール入り飲料のポスターにある、短いキャッチコピーが拡散された
コンビニ大手のセブン‐イレブンが新たな取り組み。注目が集まりそうです。
「不当な差別を助長するようなことはあってはならない」(セブン)、「対話を続けていく」(ローソン)などとコメントしました。
高齢の女性が来店し、店員の石井琴音さんに「電子マネーの買い方がわからないので、教えてほしい」と尋ねてきた。
元店主は、深夜の人手不足や過重労働を理由に深夜営業を取りやめたことをきっかけに、本部と対立していた。
取材に対し、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの3社は、DHC製品の取り扱いを続けていると回答した。
「振り込め詐欺」ではなさそうだ。その目的は?
全国的な調査も進めたところ、他に5人の店員について同様の不正が発覚した。
セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社で、接触を避けるための取り組みが始まっています。
小中高校などの一斉休校を受け、子どもの世話などで出勤できなくなった従業員がいるほか、アルバイトを自粛するよう求められる高校生もいるという。