sebun-irebun

高齢の女性が来店し、店員の石井琴音さんに「電子マネーの買い方がわからないので、教えてほしい」と尋ねてきた。
元店主は、深夜の人手不足や過重労働を理由に深夜営業を取りやめたことをきっかけに、本部と対立していた。
取材に対し、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの3社は、DHC製品の取り扱いを続けていると回答した。
セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社で、接触を避けるための取り組みが始まっています。
「お客様は神様」という神話が残る限り、勤労者はより一層過酷に働くことになる。
プラスチックごみによる海洋汚染が深刻に。EU理事会は、使い捨てプラスチック製品の流通を2021年までに禁止する法案を採択しています。
メルカリが調査した、アプリ利用者が「出品しない理由」は何だったのだろうか?
セブン&アイ・ホールディングスが8月1日に開いた記者会見で、責任を問う厳しい質問が飛んだ。
人手不足などから24時間営業を見直す声が店主側から上がっているコンビニエンスストア最大手のセブン―イレブンで、全国の店主らを対象に「満足度」を問うアンケート調査が始まった。本部側は結果を分析し、今後の運営改善に反映させる方針。時短営業の波が一気に広がる可能性もある。
セブンイレブンの日とも言われる7月11日、24時間営業と人手不足で過酷な労働状態にある店主たちが、東京の本社ビル前で抗議活動をした。「24時間営業 押し付けやめろ!」「奴隷じゃない オーナーも労働者」と書かれたプラカードを掲げ、時短営業を認めることなどを訴えた。