NEWS

【衝撃の写真】2つの竜巻がスーパーセルの下で踊り回る

2015年06月11日 15時29分 JST | 更新 2015年06月14日 19時50分 JST
Kelly DeLay / kellydelay.com

たいていの過激なトルネード・ハンターは、できる限り竜巻に近づく。

しかし、ケリー・ディレイは違う。先週、5つの竜巻がコロラド平原に降り立ったときも、安全な距離を確保した上で撮影に挑んだ。1つだけではなく2つの竜巻が、巨大な積乱雲「スーパーセル」の下でダンスする息を飲むような写真を撮影した。

sister tornados

「僕が嵐を追いかけるときは、全体像を見れるように背後に控えるときが多いんだ」。ディレイは写真ブログのPetaPixelで語った。「竜巻が生まれるときには、それ自体ではなく全体の写真に興味があるんだ」

あるとき、ディレイは竜巻から2〜3マイル(3〜5km)の距離にいると見積もり、広角レンズで撮影した。彼は、接近する竜巻を映像で捉えたときのことを、WIREDに「信じられないほど強烈な経験だった」と明かした

A video posted by Kelly DeLay (@kellydelay) on


「僕が振り向いたとき、歯はひどく震えてカチャカチャと、音を立てていました。あらゆる感情はコントロール不可能でした」と、彼は語った。「それは恐怖ではなく、まさに強烈なアドレナリンでした」

ディレイは、このときの写真を「生涯の一枚」と呼んでいる。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

スーパーセル写真集