Huffpost Japan

「絶歌」啓文堂書店では販売せず 元少年Aの手記【神戸連続児童殺傷事件】

投稿日: 更新:
ZEKKA
神戸連続児童殺傷事件の加害男性の手記「絶歌」の表紙より(太田出版) | 太田出版
印刷

東京・神奈川で38店を展開する書籍チェーン「啓文堂書店」が、神戸連続児童殺傷事件の加害男性「元少年A」が書いた手記「絶歌」(太田出版)を全店で扱っていないことがわかった。

啓文堂書店を運営する京王書籍販売(東京・多摩市)の担当者は6月15日、ハフポスト日本版の電話取材に答えた。「被害者遺族の心情に配慮した結果、6月11日に発売される前の時点で、一切取り扱わないことを決めました。お客様からの注文も受け付けていません」と説明している。

「絶歌」をめぐっては、被害者の遺族から出版中止を求める声が出ている。「元少年A」に当時11歳だった息子を殺害された土師守(はせ・まもる)さんは10日、「少しでも遺族に対して悪いことをしたという気持ちがあるのなら、今すぐに、出版を中止し、本を回収してほしい」と声明を出した

Close
神戸連続児童殺傷事件
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

酒鬼薔薇聖斗の手記「絶歌」に賛否両論「書くことが自己救済」印税1200 ...

坂上忍が加害男性の「絶歌」出版に犯罪助長を危惧

神戸連続児童殺傷事件の「絶歌」、ネットでは3000円前後で売買中

酒鬼薔薇聖斗の手記「絶歌」印税どうなる?米国では被害者に提供

【新文化】 - 元少年A『絶歌』、一部書店で不売も - ホームへ戻る